インボイス後も会計ソフト「ブルーリターンA」で大丈夫!

会計ソフト「ブルーリターンA」とは

「ブルーリターンA」は、青色申告会がつくった、初心者にやさしい会計ソフトです。
損益計算書も貸借対照表も作成できるので、青色申告特別控除65万円の適用が受けられます。

ご入会後、「ブルーリターンA」を購入されると、記帳、決算指導等の会計ソフト入力サポートを受けられます。
導入の仕方、記帳のチェック、機械の操作まで、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

使用するメリット

インボイス後の会計にも完全対応

インボイス登録後に課税事業者になっても大丈夫。消費税の申告に完全対応しています。

インボイスを保存した領収書や請求書を入力すれば、消費税の申告書が出来上がります。

 


電子帳簿保存法に対応

入力した帳簿の履歴はきちんと保存されます。公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)による認証を受けているので、電子帳簿保存法へ完全対応です。


青色申告特別控除65万円の適用がうけられます

青色申告特別控除65万円の適用を受けるには正規の簿記(複式簿記)により、損益計算書・貸借対照表を作成する必要があります。「ブルーリターンA」は、簡易帳簿での記帳内容を補完し、複式簿記の仕訳を自動的に作成します。


記帳、決算、確定申告書作成にかかる事務負担が軽減されます

「ブルーリターンA」で取引を入力すると、その内容が自動的に総勘定元帳や仕訳帳など関連帳簿に転記され、計算や集計も同時に行われるほか、月次集計も自動的に行われます。計算ミスや転記漏れがなく修正・訂正もカンタンに行えますので、記帳にかかる時間を短縮することができます。


購入者には無料で個別指導を行います

「ブルーリターンA」を購入され、会に入会いただきますと、記帳、決算指導等を無料で相談指導に応じます。

導入の仕方、記帳のチェック、機械の操作まで、「分からないことは青色申告会に聞ける。」ーこれが最大のメリットです。

主な機能

次の4つの入力方式で、日常取引をスムーズに入力できます。
ご自分の簿記・パソコン習熟度に合わせて、お好きな入力方法をお選び下さい。
いずれを使用しても、複式簿記のルールに則って、仕訳が自動で保存されます。

入力方式 機能詳細
メニュー入力方式 複式簿記の知識があまりない方でも、画面に表示される質問に答えるだけで、
スムーズに仕訳が作成されます。
帳簿入力方式 現金、普通預金、当座預金、売掛金、買掛金の各出納帳の入力ができます。
補助科目が設定してある場合、補助科目別に取引入力が可能で、通帳別・得意先別に残高管理することができます。
仕訳帳入力方式 複式簿記、パソコン習熟者向けの入力方式です。
行複写、一括登録機能などを利用することにより、一度に複数の取引を入力できます。
振替伝票入力方式 市販されている振替伝票と同じ様式です。
複式簿記を理解され、振替伝票で記帳されている方に便利な入力方式です。

販売価格および保守料について

項目 価格
会員斡旋価格 33,000円(初期指導料および3年間保守料を含む)
4年目以降の保守料(3年間) 10,000円(税込)

「ブルーリターンA」の販売価格および保守料は、以下のとおりです。

※ 会員斡旋価格には、3年間の保守料:9,900円(税込)と、初年度指導料が含まれています。
※ 保守料は、毎年の税制改正に対応したバージョンアップをお届けするためのものです。

動作環境

項目 仕様
動作OS Windows10 / Windows 8 / 8.1
対応機種 上記OSが動作保証されている機種
メモリ 上記OSが推奨するメモリ
ディスクドライブ CD-ROM(購入者はソフトウェアのダウンロードも可能)
ハードディスク 空き容量 500 MB以上
(※ インストール時 1.3 GB以上の空き容量が必要)
マウス 上記OS対応マウス
日本語入力システム 上記OSに対応しているシステム
プリンタ 上記OS対応プリンタ

その他の機能

決算整理

便利な「事例参照機能」で、手間のかかる決算整理もスムーズに行えます。


決算・申告機能

青色申告決算書・確定申告書(所得税・消費税)の入力・印刷ができます。減価償却費の計算もできます。


出力

損益計算書・貸借対照表はもちろん、青色申告決算書や、確定申告書(所得税・消費税)など、出力帳票も豊富!

Q&A

Q. 「仕訳」や「摘要」は「事例設定」して保存できる。

 

A.

「事例設定」とは、よく使う仕訳を事例として登録するための機能です。 入力するのが難しい複合仕訳や、よく入力する取引や摘要を保存しておくことができます。

一度保存した事例は、「事例参照」から一覧表を呼び出し、選択することができます。

 

【事例設定】

 

登録したい取引を入力後、「事例設定」ボタンから事例一覧に加えます。

 

【事例参照】

 

「事例参照」ボタンから登録した事例一覧を呼び出し、引用することができます。

 

※登録されている事例は、メインメニュー画面を表示し、左上メニューを[補助機能]-[仕訳事例の設定]の順にクリックし、表示された画面から閲覧・修正・削除等ができます。

Q. 特定の取引を検索しよう!

 

A. 

日常取引の入力で使用する各種帳簿(仕訳帳および帳簿入力の各帳簿)では、登録済みの取引の検索ができます。

各帳簿の「条件検索」 をクリックすると、以下の画面が表示され、検索条件に該当する取引のみが表示されます。

検索後に全取引を表示するには、[F3 最新表示]をクリックしてください。

 

Q. 決算や確定申告期間中にも翌年の入力ができる。

 

A. 決算書や確定申告書の作成中にも翌年の取引の入力ができます。

「翌年への繰越処理」前に入力できるのは翌年の3月31日までの取引です。

※ここでは「仕訳帳入力」画面で説明していますが、帳簿入力でも操作等は同様です。

 

【翌年取引の入力】

取引の入力画面の「年」表記を翌年に変更して入力してください。

 

【翌年取引の確認・修正】
入力した翌年分の取引を画面上に表示して確認や修正等をおこなう場合には、 画面上部のカレンダーマークをクリックして表示期間を変更してください。

Q. 「月別総括集計表」で売上と経費の推移を比較しよう!

 

A. 

収入や経費などの損益計算書科目について、各勘定科目の月ごとの合計額が集計されます。半期や四半期ごとに合計額や累計額が表示され、期中における収入や経費の推移が見てとれます。

 

また、現金などの資産や借入金などの負債(いわゆる貸借対照表科目)の推移も確認できます。

貸借対照表科目は各月末の残高が表示されます。

現金や預金、売掛金や買掛金の残高の推移等から、資金繰りや設備投資などを検討する際に役立ちます。

 

損益計算書科目と貸借対照表科目は、画面上部で切り替えてください。

 

Q. 総勘定元帳を印刷しよう!

 

A.

①ブルーリターンAの「メインメニュー」より、「23 帳簿入力」-「総勘定元帳」の順にクリックします。

②印刷したい科目を1つずつクリックで選択し、「確定」をクリックします。

すべての科目を一括で印刷したい場合は、「全科目」-「確定」の順にクリックします。

③元帳が表示されたら、画面左下「F1 印刷」をクリックし、「印刷設定」画面を表示します。

 

④印刷したい内容に応じて、画面内の項目にチェックをつけます。

手順②で選択した科目の帳簿を一括で印刷するには、右下の「選択した科目をすべて印刷する」項目をクリックしチェックをつけて、「実行」をクリックします。

●改ページ設定

帳簿を「月単位」または「科目単位」で区切って印刷する機能です。

チェックを入れない場合、すべての帳簿を続けて印刷します(用紙が途中で区切られません)。

 

●相手科目コードを印刷する

印刷する相手科目名の横に、ブルーリターンAが割り振っている科目コードも併記する機能です。

ソフトと帳簿を突き合わせて取引内容を確認する場合等に便利です。

 

●開始残高なし、かつ仕訳がない科目も印刷する

手順②で選択した科目の中に、本年のデータで一度も使用していない(「開始残高」が0円、かつ該当科目に関する取引の登録のない)ものがあった場合、その科目も印刷する機能です。

 

●開始残高あり、かつ仕訳がない科目も印刷する

手順②で選択した科目の中に、本年のデータで一度も使用していない(「開始残高」は入っているが、該当科目に関する取引の登録のない)ものがあった場合、その科目も印刷する機能です。


相談のご予約はこちらから!お電話お待ちしております。 

 TEL 099-223-1411 もしくは Webからお問い合わせください!


  • 鹿児島青色申告会へのお問い合わせはお問い合わせを御覧ください。お電話やLINEでのお問い合わせも対応しています。
  • 鹿児島青色申告会は税理士による無料相談会計ソフトの指導はもちろん、創業支援や、融資・税務指導など何でも承ります。
  • ご不明な点がございましたら、お気軽に事務局スタッフまでお問い合わせ下さい。

日々の記帳に役立つ情報や、事業の助けになる支援金・補助金など個人事業の方々に役立つ情報LINEでお届けします!

LINEアプリをモバイル機器に入れてらっしゃる方は下のQRコードもしくは友だち追加ボタンからぜひ友だち追加をよろしくお願いします!

友だち追加