税務座談会を開催いたしました

8月21日、ジェイドガーデンパレスで鹿児島地区納税貯蓄組合連合会と合同の税務座談会が開催されました。税務当局から新任の繁松秀二署長を始め、高山副署長他、幹部職員4名と、青申会・納貯51名の参加者がありました。

 

各委員長の活動報告、今後の展望を述べた後、志々目専務理事より、青色申告会からの提案事項を述べました。

委員会は、会員様で構成されており、また青色申告会はすべての事業がどこかのいずれかの委員会が担当しています。青色申告会の発展には会員皆さんのご協力あってこそです。

会員数も2000名を超え、ますます、青色申告会の役割は大きくなっていきます。

税務署の方と教具を重ね、本年度も事業に取り組んでいくことを確認いたしました。

 

その後、繁松署長の「今後の税制改正について」というテーマで講演が行われ、プロ野球やオリンピック等の税制改正の歴史を交えて話され、皆様熱心に聞き入っていました。

 

また、税務座談会と聞けばお堅い討論会かと想像されると思いますが税務職員の皆様の自己紹介は、とても親近感を持てるものでした。

座談会の後には懇親会が開催されました。多彩な業種方々の異業種交流の場となり、普段親交の少ない税務署の方や、会員様同士の青色申告会発展への意気込みや事業の情報交換など、大変有意義な座談会となりました。

 

 

 

 

 

一般社団法人鹿児島青色申告会

〒892-0821

鹿児島市名山町9-1

県産業会館3階

 

TEL099-223-1411

FAX:099-227-0227

受付時間:8:30~17:30

 

休業日:土曜日・日曜日・祝祭日

»青色申告会を知ろう

お気軽にご相談ください

電話・FAX・Webからのお問い合わせ、よくあるご質問はお問い合わせページをご利用ください。

»お問い合わせ

税務ニュース

特定口座内の株式等の譲渡収入の計上時期 その1
>> 続きを読む

経団連、研究開発税制の拡充を要望
>> 続きを読む

身近で起こっているインターネットの脅威について その9
>> 続きを読む

介護休業の取扱い
>> 続きを読む

29年度新卒者の73人が内定取消し、社名公表3社
>> 続きを読む

原発事故に伴う損害賠償金の損金算入は認められないと判示、棄却
>> 続きを読む

内閣府、結婚・子育て資金の一括贈与制度等の拡充等を要望
>> 続きを読む

上場有価証券の評価損を損金経理できる場合とは
>> 続きを読む

信頼の裏切り 電子購買システムの悩み(その3 全4回)
>> 続きを読む

利益剰余金 過去最高の446兆円 内部留保課税に現実味 麻生財務相「あれだけ貯めて何をするのか」
>> 続きを読む