これから青色申告をはじめる方へ

青色申告会では、開業の相談から書類の作成、記帳の指導、
確定申告まで何でもサポート致します。

■提出書類■


以下の用紙を納税地の管轄の税務署で手に入れ、提出してください。用紙は当会にも置いてあります。また、会員様は各用紙の提出も当会で承っております。


1. 開業した時
個人事業の開廃業等の届出書
事業の開始した日から1ヶ月以内
2. 青色申告をしたい時 所得税の青色申告承認申請書
承認を受けようとする年の3月15日まで、1月16日以後に開業した場合は開業の日から2ヶ月以内 ※相続による事業継承を除く
3. 青色申告者が事業に専従する親族に給与を支払う時 青色事業専従者給与に関する届出書
専従者給与を必要経費に算入しようとする年の3月15日まで、1月16日以降に開業した時や専従者がいるここになった場合はその日から2ヶ月以内
※届出内容を変更したい時は、遅滞なく変更届を提出しなければいけません。
4. 給与支払事務を行うようになった時 給与支払事務所等の開設届出書
開設してから1ヶ月以内
5. 給与の支給人員が常時10人未満の支払い者が、給与等を源泉徴収した所得税を年2回(1~6月分は7月10日、7~12月分は1月20日)にまとめて納付する時 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書兼納期の特例適用者に係る納期限の特例に関する届出書
随時提出可能、提出した月の翌月給与支給分から適用される

※給料を支払う予定のない方は3と4と5は必要ありません。

 

詳しくは税務署への提出書類をご覧ください。

»税務署への提出書類

 

記帳しよう


 記帳方法には複式簿記と簡易簿記があります。複式簿記で記帳すれば青色申告特別控除65万円の適用を受けることができます。

また、パソコン会計ソフト「ブルーリターンA」を使用すれば、簡単に65万円控除の記帳ができます。


詳しくは帳簿記帳をご覧ください。

»帳簿記帳

申告しよう


 確定申告では、1月1日〜12月31日までの収入を計算し、翌年の2月16日〜3月15日までの間に所定の税額を国に納めなければいけません青色申告会では、申告時に決算個別指導を行っております。税理士による個別相談で、安心して決算書、申告書の提出ができます。また、e-taxでの提出も、申告会場から直接できます。

 

(1)確定申告の際に必要となる書類などを整理する
 確定申告の際には、決算書も作成します。

また、申告書の他に、源泉徴収票や生命保険料控除証明書、社会保険控除証明書などを申告書に添付するものがある場合があり          ますので、これも事前に何が必要なのかを調べて用意しておきましょう

 

(2)申告書の作成
 申告書に必要事項を記入します。

当会では、税理士による個別相談を行っていますので、是非ご利用下さい。

 

(3)申告書の提出
 申告書の作成が完了したら、e-taxで提出していただくか、青色申告会がお預かりして提出いたします。

提出期限は、毎年決められており、2月16日~3月15日までとなっています。この期間は、かなりの混雑が予想されます。早めに準備をし、訂正があった場合でも間に合うように2月中には提出するように心がけましょう。

 

(4)税金の納付、税金の還付
 申告書の内容に沿って所得税を計算し、提出したら、その金額を税務署か銀行などの窓口で納付します。期限は3月15日までとなっています。

 また、ケースによっては還付を受ける場合もあると思います。還付金は申告書提出した後約1ヵ月ほどで指定した口座の方に振込になります。

 

 

詳しくは確定申告相談をご覧ください。

 

»確定申告相談